返信

ビームフォーミング機能について

Nao-tan1
Tutor

ビームフォーミング機能について

エクスプリシット·ビームフォーミングとインプリシット·ビームフォーミングの違いは? 子機側もビームフォーミングに対応していないとビームフォーミング機能が利用できない?
メッセージ1/2
Japan_support
NETGEAR Employee

Re: ビームフォーミング機能について

ビームフォーミング機能とは、無線電波を全方向に発信する代わりに、
ルーターが無線LAN子機の位置を追跡して、
子機に向かってピンポイントに電波を発信する機能です。


エクスプリシット·ビームフォーミングでは、
無線LAN子機がビームフォーミングに対応している必要があります。
無線LAN子機から送られる位置情報を元に無線電波を飛ばします。

インプリシット・ビームフォーミングでは、
無線LAN子機がビームフォーミングに対応している必要はありません。
ルータ側が自動的に無線LAN子機の位置を判断して
無線電波を強く飛ばそうとする動作を行います。

メッセージ2/2
ディスカッションのステータス
  • 1 件の返信
  • 4114 件の閲覧回数
  • 0 件の賞賛
  • 2 会話中